アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

北アルプス焼岳の噴火に思うこと。大量遭難・大量被災者の危機!?

f:id:aohige0718:20170810130106j:plain

 

 

北アルプスを代表するお山の1つである焼岳で、噴火が起こったとニュースでやっていて大変驚いてしまいました!

 

幸い、それほど大規模な噴火ではなく、小規模な噴煙が上がった程度だったみたいですが、それでも怖いですよね~

 

噴火と聞くと、数年前に大惨事をもたらした「御嶽山」の噴火を思い出してしまいます。

 

あの時の衝撃は凄かったんですが、焼岳も多くの登山者が訪れる山ですので、時間と場所によっては大惨事になりかねませんからね~・・・。

 

今日からお盆休みに突入している方も多いでしょうし、観光業をなさっている方にとっては一年の中でも一番の書き入れ時なだけに、このニュースは痛いところですよね~・・・。

 

ちなみに焼岳(やけだけ)は、日本の屋根と呼んでよい飛騨山脈の主稜線上にあり、長野県と岐阜県にまたがる標高2,455 mの活火山になっております。

 

活火山ですので、常時観測対象の火山に指定され日々観測されているお山になります。

 

そんな焼岳ですが、こんな場所に鎮座しております!

 

 

< 北アルプス焼岳 地図 >

 

 

f:id:aohige0718:20170810130149j:plain

 

 

気象庁の情報だと、昨晩から今日の未明に掛けて焼岳で噴火を確認したそうです。

 

 焼岳は、北アルプスの中では活動がモリモリな活火山で、直近ですと2011年、2014年にも火山性の地震を観測しております。

 

何かの偶然なのか、今年は2017年なんで、3年周期に焼岳の内部で何かが起こっていることになります。

 

次回は、東京オリンピックの年である2020年に起こるのではないかと思ってしまう偶然ですよね!

 

今回のとは別に、焼岳の火山活動で直ぐに思い浮かべるのは、1915年(大正4年)6月6日の大爆発で梓川をせき止め、大正池を形成した事でしょうかね。

 

梓川から土砂が流れ、大正池にだいぶ堆積しているそうで、100年も掛からない内に土砂に埋まって池が無くなってしまうのではないかと言われております。

 

上高地を代表するシンボルな池なだけに、少し残念な話ですよね。

 

 

 

f:id:aohige0718:20170810130124j:plain

※気象庁より出典

 

 

今回、焼岳が噴火したと思われる場所になります!

 

焼岳の山頂から北西に位置した場所だったそうで、確かに白いのが見えてますよね。

 

きっと、焼岳の奥底には、モリモリマグマが溜まっているんでしょうね~・・・。

 

焼岳小屋(山小屋)や、登山道から少し離れた場所だったのが幸いですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20170810131007j:plain

※wikipediaより引用

スポンサーリンク
 

 

 

 

今回の噴火と関係ありませんが、こちらが大正池を造る元になった南峰になります。

 

現在、入山禁止になっているんですが、登れないわけでもないので、人の目を盗んで登山している方がいるそうです。

 

写真の通り、蒸気が立ち込め、火山ガスも発生しますので、安易な入山は大変危険です。

 

 

 そんな焼岳を擁する上高地ですが、日本屈指の観光スポットですので、どれだけの観光客が訪れるのか気になり調べてみました!

 

もし、急に焼岳が噴火してしまったならば、訪れた方にも影響が有りますからね。

 

 

f:id:aohige0718:20170810144127j:plain

※長野県 観光部より出典

 

 

平成27年と少し古い統計ですが、今回噴火した焼岳と接する上高地の年間利用人数は、約124万人となっており、1日に換算すると約3,400人訪れている計算になります。

 

1日当たりにすると少ないような気もしますが、実際は上高地に繋がる「釜トンネル」の通行できる時期が5月~11月の約7ヶ月間ですので、そちらで計算するとザックリ5,800人くらいとなります。

 

上述したとおり、焼岳は過去にも大きな噴火を起こしており、上高地を代表する「大正池」を作り出すだけのパワーを持ったお山です。

 

そんなパワーを秘めた焼岳の位置が、上高地へ訪れる為の大動脈である「釜トンネル」の近くにあります。

 

上高地は、周囲を高い山に囲まれた盆地のような地形をしており、一度入ると袋小路のようになっているので、来た道を戻らなくてはなりません。

 

仮に焼岳で大きな噴火が発生したならば、近くにある釜トンネルは直ぐに閉鎖になることが予想されます。

 

また、上高地へ訪れるには「マイカー禁止」になってますので、バスやタクシー等を使わなければいけないルールになっております。

 

噴火した直後、5,000人以上が訪れている上高地内で、どれだけのバスとタクシーが避難に使えるか未知数ですよね。

 

私は全く機能しないと思っているんですが、陸路が駄目なら空からの避難になるかと思いますが、それでも相当な時間が掛かるのは明らかですよね。

 

そして、上高地を基点にして、多くの登山者が北アルプスの山の中に入っております。

 

食料などに余裕があれば別の登山口に下山する事も出来るでしょうが、それでも一部の登山者に限られてしまいますよね。

 

噴火と言う大混乱の最中、どれだけの登山者の安否を確認できるか非常に怪しいですよね。

 

リスクを言ったらキリが有りませんが、「上高地」は防災上、大きな欠点を持った観光地であるんじゃないかな~と私は思っております。

 

「釜トンネル」と言う急所を押さえられてしまった日には、逃げるに逃げれなくなるという怖い一面を持った所ですしね。

 

焼岳が大規模に噴火してしまうと、大量遭難・大量被災者の発生の危機になると言えます!

 

釜トンネルが開通する前の上高地の経路であった、徳本峠で脱出も出来なくはないんでしょうけど、なかなか現実的ではございません。

 

徳本峠の標高が2,135mもある高所ですので、足の悪いお年寄りやお子さんには荷が重い道(登山道)になります。

 

焼岳の周りには、上高地以外にも「新穂高温泉」や「平湯温泉」等の温泉街もあり、そちらの救助や避難誘導も有るでしょうから、更に大混乱になると思われます。

 

上高地から焼岳は本当に近くに見えるお山ですので、それが噴火したならば恐怖も凄そうですし、短時間に大きな影響を及ぼすのは火を見るよりも明らかですしね。

 

今年は「地震に注意」と言う粥占いの神事もありましたので、長野・岐阜方面においては細心の注意が必要だと思っております。

 

地震や梅雨の大雨、台風など災害ばかり続きますが、今度は噴火にも注意を払わなければならず、災害のネタに困らないのが我が国ですよね。

 

これ以上、火山活動が活発にならないで欲しいもんですし、箱根の噴火みたいに収束してくれたら嬉しいですよね!

 

登山中に地震や噴火に遭ってしまうと、滑落事故の原因にもなりますので、注意しないといけませんよね。

 

aohige0718.hatenablog.com

※先日起こってしまった八海山での悲しい滑落事故の記事になります。

 

現在の焼岳の状況は、少し落ち着いてきているようですが、今後の状況に留意し上高地を始め周辺のお山への登山や観光を楽しみたいものですよね!