読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

奥秩父のシャクナゲ目当てに周回!(黒岩尾根~雁坂小屋~甲武信ヶ岳~三宝山~柳避難小屋) 後編

f:id:aohige0718:20170514154217j:plain

 

 

前回に引き続き今回も奥秩父のシャクナゲ目当てに雁坂小屋~甲武信ヶ岳~三宝山~柳避難小屋をテント泊で周回した記録を書きたいと思います!

 

シャクナゲが特に美しく花も多い甲武信ヶ岳と十文字小屋周辺は、噂通りのシャクナゲパラダイスで、ウットリ♡の連続でした!

 

これからシャクナゲがピークになりますが、是非歩いて欲しい素晴らしい所だと思います!!

 

◎前編は下記になります!

aohige0718.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

 

 

登った日:2015年06月06日(土) ~ 2015年06月07日(日)

天  候:6月7日(日) AM晴/曇 PM曇

メンバー:単独

装  備:<装備:約16kg(水の重量は含めず)>

水  6日(土) 2Lスタート 余り0.3L、7日(日) 3.5Lスタート 余り0.3L

豚丼 1個(約300g)、菓子パン 2個(約300g) 、チョコ・飴他 約200g、インスタントラーメン 2個(約200g)、無洗米 250g(1.5合)、ビール 500ml、味付け肉(牛・鶏)       約510g、カット野菜 140g、スティックコーヒー 2本、味噌汁・お茶漬けの素 各2つ、調味料 ごま油・醤油・塩・胡椒、コーヒー一式  約100g

 

バーナー・メスティン・コヘッル・フライパン・フライパン返し・フォーク

プリムスガス缶  小1缶(2/5消費。)
※米を1回炊き、水を2L前後沸かしております。

 

ザック 75L(2.65kg)、テント一式 約1.7kg(ペグ6本含む)、寝袋 約600g、クラーボックス(5L) 約450g、トイレットペーパー 1ロール(4/5消費)、エアー枕・サーマレストSサイズ・サンダル・タオル2枚、着替え(長袖2枚、靴下1枚)、合羽・ザックカバー・ヘッドライト・予備電池・ダブルストック、熊鈴・歯ブラシ・胃薬・頭痛薬・コンタクト・日焼け止め・虫除けスプレー、その他諸々 

 

コースタイム

雁坂小屋 5:45  → 雁坂峠 6:04 → 6:29 雁坂嶺 6:31 → 7:09 東破風山 7:12 → 8:02 破風山避難小屋 8:18 → 9:07 甲武信小屋 9:10 → 9:22 甲武信ヶ岳 9:26 → 9:50 三宝山 9:55 → 10:56 武信白岩山 → 11:29 大山 11:33 → 11:56 十文字小屋分岐 11:58 → 12:12 栃本分岐 12:15 → 12:52 作業場跡 12:55 → 14:12 柳避難小屋 14:23 → 16:07 赤沢吊橋 16:13 → 16:53 入川林道出合 16:55 → 17:11 入川渓谷夕暮れキャンプ場

 

 コース・標高差

f:id:aohige0718:20170514150352j:plain

 ※後編で歩いた区間です!

f:id:aohige0718:20170514151840j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

 

f:id:aohige0718:20170514153556j:plain

 幻想的なガスガスの朝でございます!

ヒンヤリして歩きやすいですね~

ってな感じで、とりあえず甲武信ヶ岳を目指します!

 

 

f:id:aohige0718:20170514153636j:plain

 雁坂峠から結構な急登をこなすと、「雁坂嶺」に到着しました。

こちらの山頂は、展望は良くないです。

 

 

f:id:aohige0718:20170514153903j:plain

 暫くすると、この世の終わりのような景色になってきます(笑)

雰囲気が良いんですが、それに比例して熊が出没しそうで怖いですよね~~

奥秩父にも熊は居ますので、注意しないとですよね~~~

 

 

f:id:aohige0718:20170514154007j:plain

 所々で「イワカガミ」が咲いておりました!

可愛いお花ですよね~!

私がお金を拾った時の笑顔と良い勝負です(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170514154051j:plain

 地味なアップダウンをこなし、よ~やく東破風山でございます!

こちら双耳峰?で、もう1つ似たような名前のピークがございます。

それにしても「風を破く山」ですからね~

どんな「キリキリマイ」のシュートをお見舞いしてくれるんでしょうかね~(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170514154217j:plain

 色々と妄想していると、今回のお目当てのシャクナゲの花がモリモリと咲いておりました!

先ほどの東破風山から破風山の間はシャクナゲが多く、標高も2,200mと高いので、結構遅くまでお花が残っているみたいです。

 

 

f:id:aohige0718:20170514154352j:plain

 まだ蕾もあったんので、西沢渓谷のシャクナゲは、だいたい6月初旬に終わることが多いですが、その時期でもこの界隈は開花していない感じです。

標高が高いので寒いんでしょうね~~~

 

 

f:id:aohige0718:20170514154552j:plain

 破風山から「これでもか!!!」てくらい下ると「破風山避難小屋」が見えてきました。

 

こちらの避難小屋は、チョット曰くつきなんで、少し近寄りがたいところがございます。

ま~噂なんでしょうけど、火のないところに・・・ですからね~・・・。

 

水場は写真左の斜面になり、枯れてなかったみたいです。

 

 

f:id:aohige0718:20170514154708j:plain

 小さくて可愛いお花がモリモリ咲いておりました!

朝露をまとった姿が愛おしい感じでした(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170514154718j:plain

 破風山避難小屋から「これでもか!!!」てくらい登り返すと「甲武信小屋」が見えてきました。

 

シャクナゲの季節は、甲武信小屋や十文字小屋は、凄い賑わいになります。

テント場も相当混んでいたみたいです。

 

シャクナゲの季節の時に、小屋泊・テント泊を考えている方は、混むことを前提に計画してください!

 

 

f:id:aohige0718:20170514154739j:plain

 そんな感じで甲武信ヶ岳に到着です!

写真に写ってませんが、登山者モリモリでお祭りの様相を呈していた山頂でしたf^_^;

人間嫌いなもので、早々に山頂を後にいたしました・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170514154748j:plain

 地味なアップダウンをこなすと、埼玉県の最高峰である「三宝山」でございます!

こちらの山頂も、凄い登山者の数でゲッソリし、早々に立ち去りました・・・。

シャクナゲの季節は、甲武信ヶ岳周辺は凄い混雑になりますね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170514154756j:plain

 左に見えているのが「三宝岩」で、薄いモザイクなお姿の甲武信ヶ岳になります!

なんだか雰囲気良いんですが、はっきりとしたお姿を見たかったですね~

 

 

f:id:aohige0718:20170514154813j:plain

ガスガスの世界ですが、次は武信白岩山を目指して進んで行きます!

奥秩父らしい美しい原生林が広がっていて空気が美味かったです!

 

 

f:id:aohige0718:20170514154823j:plain

 なんだかすごい絵ですよね~!!

石の上にも三年と言いますが、この木は何年なんでしょうかね!?

これくらい、ガッツ溢れる人生を送りたいものです( ̄O ̄)ノ

 

 

f:id:aohige0718:20170514154833j:plain

 十文字峠へ向かっていると、途中からシャクナゲがモリモリになってきました! 

 

 

f:id:aohige0718:20170514154849j:plain

 いや~~お見事ですね!!!

今年は「シャクナゲの当たり年!」ですね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170514154900j:plain

 この時期来て大正解ですね!!

噂通り、甲武信ヶ岳と十文字小屋までの稜線は、シャクナゲが多く咲いていて、素晴らしい縦走路でございます!!

 

 

f:id:aohige0718:20170514154908j:plain

 展望が良いところでガスが晴れました!!

いや~~良い景色ですね~!!

「この景色が見れて、今日はこれで勘弁してやら~~」っと叫んでしまいました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170514154917j:plain

 シャクナゲの次は、「とろろ昆布」が見頃な感じでした(?)

僕は、「都昆布」の方が好きかな~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170514154926j:plain

 大山の山頂直下にある鎖場です。

ホールドがシッカリしてますし、鎖もあるので落ち着いて上り下りすれば特に問題ありません! 

 

 

f:id:aohige0718:20170514154938j:plain

 長い下りをこなすと十文字小屋への分岐になりました。

小屋の方から賑やかな声が聞こえたので、一気に行く気がなくなってしまいました。

そんな感じで小屋には寄らず、栃本・川俣方面に進みたいと思います! 

 

 

f:id:aohige0718:20170514154949j:plain

 静かな原生林に癒されました(´∀`*)

奥秩父の山々は、一歩入ると人も少なく、本当に良いところでございます!!

 

 

f:id:aohige0718:20170514155001j:plain

 こちらが栃本分岐になります!

栃本方面に進むと、四里観音避難小屋があり、水場とトイレがあります。

 

今日のメインディッシュである股ノ沢へ進みたいと思います! 

 

 

f:id:aohige0718:20170514155010j:plain

 え!?っとビックリしたんですが、今回は特に問題はありませんでした。

何本か渡渉する所があるので、直近の天気にも気を付けた方が良いかも知れません!

 

 

f:id:aohige0718:20170514155018j:plain

 こんな感じの渡渉があります。

ま~大雨降っても大丈夫のような気がしますけどね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170514155031j:plain

 こちらが「作業場跡」になります。

昔の産業遺産が残っておりました!

この周辺は、平坦で森も美しく雰囲気がとても良かったです!

 

 

f:id:aohige0718:20170514155039j:plain

 こんな感じの登山道が続きます!

一応、正面真っ直ぐが登山道になります。

斜面にしか見えないですよねf^_^; 

 

地味に滑落しそうなポイントがあるので、滑らないように気を付けてください!

このルートは、歩く登山者が特に少ないそうなんで、なにかトラブルあっても助けがなかなか来ません。

 

 

f:id:aohige0718:20170514155048j:plain

 とにかく緑が綺麗です!!

いや~肺胞が綺麗になるのが分かる感じでした(笑)

も~少し「心」と「腹の中」が綺麗に浄化されると人気者になれんでしょうけどね~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170514155058j:plain

 そんな感じで「真ノ沢吊橋」です!

ここまで思った以上に遠かったです・・・。

踏み跡も不明瞭なところがあって、中々痺れる区間でした。

 

 

f:id:aohige0718:20170514155108j:plain

 森も綺麗ですが、水はもっと綺麗でした!

沢釣り師がモリモリ入渓するのが良く分かりました!!

 

 

f:id:aohige0718:20170514155116j:plain

 こちらが「真ノ沢林道分岐」になります。

赤い矢印方面から進んできました。

青矢印方面が真ノ沢林道になり甲武信ヶ岳の近くに至るルートになります。

廃道扱いですが、踏み跡明瞭でした。

気になるコースなんで今度行ってみたいですね~♡ 

 

 

f:id:aohige0718:20170514155125j:plain

 「スケベキケン」と読んでしまい「ドキッ!!!」としてしまいました(笑)

日頃の行いが悪いのも、考えものですよね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170514155143j:plain

 股ノ沢がとても綺麗で、渓流釣りの聖地と言うだけはありますね~!!

モリモリ釣れるんでしょうね~(´∀`*)

ご相伴にあずかりたいもんですな~~

 

 

f:id:aohige0718:20170514155153j:plain

 よ~やく柳避難小屋が見えてきました!

なんだかとても雰囲気が良い所ですね~

昔、この吊橋がない時代は、増水すると渡渉できず、ここで立ち往生しちゃったんだと思われます。

それでもあの「増水注意」の看板があるんだと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170514155201j:plain

 折角なんで、柳避難小屋の中の様子です!

とても綺麗な避難小屋でした。

釣り師の定宿ですからね~!ファンがとても多いのも頷けます♪

小屋の外にトイレがあるんですが、雪の重み(?)で壊れてましたが、なんとか使える状態でした。

それでも、凄い体勢を強いられますので、変な筋を傷めないように注意してください(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170514155213j:plain

 時間も押してますので、赤沢吊橋を目指します!

避難小屋から道が細くて悪く、こんな感じのトラバーが続きます。

片側が切れ落ちていて、高度感もあり注意を要します。 

この付近で「落石」があり、大変怖い思いをしました。

 

 

f:id:aohige0718:20170514155224j:plain

 思いのほか時間が掛かりましたが、よ~やく赤沢吊橋まで来れました。

ルートの写真がありましたので、載せたいと思います!

かなり長丁場のルートであることが分かるかと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170514155232j:plain

 水も綺麗で癒されました!

ここから先は、川と並行して進んで行きます!

 

 

f:id:aohige0718:20170514155241j:plain

 こんな感じの「森林軌道跡」を歩いていきます!

渓谷沿いを歩くので、景色を見ながら飽きずに楽しめました♪

 

 

f:id:aohige0718:20170514155251j:plain

 チカチカ草がモリモリ咲いていて、私のハートもクラッシュ寸前でした(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170514155302j:plain

 よ~~やく入川谷登山口でございます!

この付近にゲートがあり、車はこの付近までしかこれません。

※駐車スペースもないので、キャンプ場に停めてください!

 

 

f:id:aohige0718:20170514155310j:plain

 そんな感じでバイクを置いたトイレまで戻ってきました!

 

 途中で想定しいなかった「落石」があり、大変恐ろしい目に遭いました。

 

この時の顛末を記事にしてますので、もし良かったらこちらの最後に添付しておきますので、ご参考に読んでみてください!

 

ちなみに、雁坂小屋の小屋番さんたちは、今回私が歩いたルートはお勧めしてませんでした。

 

その理由が良く分かった山行になりました。

 

色々とヤンチャなコースですが、、山小屋の方の助言には耳を傾けるのが賢明ですよね・・・。

 

でも、シャクナゲがとても綺麗で、森の美しさと静けさに大変癒されました!

 

少し怖いルートですが、個人的には「ツボ」な感じで嫌いじゃないコースでございます!

 

単独で歩くとリスクも高いので、グループで歩く分には良いのかな~っと思います!

 

aohige0718.hatenablog.com