読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

感動の熊野古道 小辺路と果無山脈3泊4日テント泊縦走!(伯母子岳~大股~三浦峠~十津川温泉~観音堂編)

f:id:aohige0718:20170509000140j:plain

 

 

 

昨日に引き続き、今回も 熊野古道小辺路と果無山脈をテント泊で縦走した記録を書きたいと思います!

 

本編は、地獄の7㎞舗装路歩きがある区間になり、伯母子岳~大股~三浦峠~十津川温泉~観音堂(泊)な感じでございます。

 

三浦峠・果無峠の1,000m峰を2つ登らないといけないので、今回の行程で一番ハードな1日になりましたf^_^;

 

こんな一日になりました!

 

◎スタート(高野山編)は下記になります!

aohige0718.hatenablog.com

 

◎高野山~水ヶ峰越~大股~伯母子岳編は下記になります!

 

登った日:2017年05月02日(火) ~ 2017年05月05日(金)

天  候:5月3日 AM晴/曇  PM曇

メンバー:単独

装  備:最終章に記載(利用した地図等もこちらでご紹介します!)

 

コースタイム

伯母子峠 5:38  → 8:00 三田谷バス停 8:02 → 8:12 三浦口バス停 8:15 → 10:08 三浦峠 10:15 → 12:06 西中バス停 → 13:51 昴の郷 14:00 → 14:14 果無登山口 → 15:51 観音堂(幕営)

 

コース・標高差

f:id:aohige0718:20170507141742j:plain

本編で歩いたルートです!

f:id:aohige0718:20170508225235j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

f:id:aohige0718:20170508222836j:plain

伯母子峠の山小屋(避難小屋)の裏にテントを張りました!

この辺が、一番フラットで寝やすいと思います!

 山ガールが遊びに来ないかな~っと思いながら寝袋でモジモジしていたら、いつの間にか気絶しちゃってましたf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170508222917j:plain

 さ~上西家へ遊びに行きたいと思います!!

途中、水場も有るそうなんで寄ってみたいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170508225333j:plain

 スミレちゃんがモリモリ咲いていて綺麗でした!

 

 

f:id:aohige0718:20170508225359j:plain

 伯母子峠から10分かからない所に例の水場が有りました。

 

 

f:id:aohige0718:20170508225410j:plain

 こちらで1.5L補給してスタートでございます!

水量豊富なんで、当てにできると思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170508225426j:plain

 水場周辺の様子です!

この鉄橋が目印です。

赤矢印方面が伯母子峠方面です。

 

 

 

f:id:aohige0718:20170508225444j:plain

 なだらかで歩きやすい道が続きます!

ついつい鼻歌にも力が入ってしまいます♡

 

 

f:id:aohige0718:20170508225518j:plain

 雲が多いものの、結果的にはこの天気は有り難かった感じです。

なんせ、今日も長い舗装路歩きがありますので・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170508225815j:plain

 こちらが上西家跡でございます!

テント泊をしていた登山者がおりました。

雰囲気も良く、平地も広いのでお勧めのビバークポインとでございます!

トイレ・水場が無いのがアレですけどね。

 

 

f:id:aohige0718:20170508225906j:plain

 こんな感じの案内が有ったんですが、3文字読んだだけで眠くなり、1行読んだら気絶しそうになったので全部読むのは止めておきました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170508225919j:plain

 それにしても、大峰山脈の稜線がとても綺麗でした!

GWですし、アソコを歩いている登山者も多いんでしょうね~

 

 

f:id:aohige0718:20170508230044j:plain

 なんだか凄い光景ですが、これでも登山道です!

花粉症の人にとっては辛いコースかも知れませんね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170508230102j:plain

 途中に有った水ヶ元茶屋跡です。

なんだか凄い老婆が働きながら住んでいたみたいです。

紀伊半島沖は、難破のメッカですんで、もしかしたら外国人とのハーフが正体かもしれませんよね。

偏見と差別で里で暮せなくなったのかな~っと妄想してしまいました。

 

 

f:id:aohige0718:20170508230142j:plain

 モリモリ下っていくとよ~やく伯母子岳登山口に出ました。

ここまで地味に長かった・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170508230157j:plain

 直ぐ近くにトイレがありました!

定期的にトイレがあると、女性のハイカーは助かりますよね!

 

 

f:id:aohige0718:20170508230219j:plain

 さ~三浦峠へ突撃!ですね~!!

きっと、素敵な返り討ちを喰らわしてくれると信じております♡

 

 

f:id:aohige0718:20170508230233j:plain

 道標に従って進ん行くと、吊橋が見えてきます。

こちらが船渡橋でございます( ̄O ̄)ノ

 

 

f:id:aohige0718:20170508230247j:plain

 橋の手前に「三浦の湧水」と言う水場がありました。

ポンプで汲み上げているみたいで、ここは枯れることがなく当てに出来る水場だと思います!

こちらでがぶ飲み君に変身し、次の水場である「三十丁の水」までの分として0.5L補給してスタートにしました!

 

 

f:id:aohige0718:20170508230309j:plain

 なんだか癒されますよね~

古の道!って感じの雰囲気が良い道が続いていきます。

 

 

f:id:aohige0718:20170508230744j:plain

 石畳が何とも言えない風情があります!

ま~かなり滑るのが欠点なんですけどね・・・。

私のオヤジギャクでも、ここまで滑ることは稀です(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170508230759j:plain

 なんと!道の脇に水場がありました・・・。

さっきの三浦の湧水で補給せず、こちらで汲んだ方が荷物が軽くなるので良いかも知れません!

ここも、水量豊富で美味しいお水でした♡

 

 

f:id:aohige0718:20170508230817j:plain

 モリモリ行進していると、今回どうしても見たかった景色の1つである「吉村家跡」に鎮座する防風林がお出ましになりました!

 

 

f:id:aohige0718:20170508230832j:plain

 凄い巨木に圧倒されてしまいました( ゚Д゚)

なんじゃこりゃ~!!と松田さんに変身しながら叫んでしまいました(笑)

写真だとアレですが、とんでもなく大きいです!

 

 

f:id:aohige0718:20170508230848j:plain

 こんな防御力が高い吉村家は初めてでございます・・・。

樹齢が500年とは、これまた凄いですよね~

 

 

f:id:aohige0718:20170508230901j:plain

 何度も抱き付いては、熱い抱擁を繰り返してしまいました♡

きっと、そんな姿を山ガールに見られた日には、「ドン引き指数」が急上昇してしまうと思います♪

それにしても、この巨木達に逢えて、本当に良かったです。

ここまで来た甲斐があるというものです!!

 

 

f:id:aohige0718:20170508230932j:plain

 火照った体を一気にクールダウンさせてくれる素晴らしい出来栄えだと思います(^^)/

 

 

f:id:aohige0718:20170508230952j:plain

 そんな感じで三十丁目の水です!

ここで補給し1.5Lでスタートしました!

標高900m前後の所にある水場ですので、大変有難い感じですよね!

水量が細いですが、枯れることはなさそうです。

この周辺に、幕営適地はありません。

 

 

f:id:aohige0718:20170508231018j:plain

 よ~やく樹林帯から抜け出し展望が出てきました!

嫌な予感がしますが、多分、あの上が三浦峠なんでしょうね~・・・。

中々えげつない登りが続きます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170508231111j:plain

 振り返ると、昨晩泊まった伯母子岳が綺麗に見えました!

※中央やや右奥

アソコから来たのか~っと思うと、感慨深いですね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170508231130j:plain

 こんな感じの所を歩いていきます!

桜も咲いていて、飽きの来ない行程でした!

 

 

f:id:aohige0718:20170508231141j:plain

 いや~エエ景色ですね~(´∀`*)

青空が欲しいところですが、これはこれで熊野古道ッポイ感じで嫌いじゃないですね~!

 

 

f:id:aohige0718:20170508231153j:plain

 登りきると、三浦峠の東屋とトイレがありました。

水場はありませんが、この周辺は雰囲気も良いですし、テント張るには良いと思います!

結構、ここで幕営する方が多いみたいです。

 

 

f:id:aohige0718:20170508231207j:plain

 周辺の案内板がありました。

それにしてもアップダウンが強烈で、果無峠までさらに1,000m近く登り返さないといけない感じです。

萎えますね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170508231747j:plain

 私も登り返した直後は、こんなお地蔵様のお姿になれそうな予感がいたします♡

 

 

f:id:aohige0718:20170508232013j:plain

 三浦峠から下っていくと、古屋倉跡があります。

こちらはテント張るには良さそうな平地があり幕営適地です!

ただ、トイレがある三浦峠まであと少しなんで、も~少し頑張ってみるのも良いかと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170508232426j:plain

 こちらが矢倉観音堂になり、ベンチがあります。

休憩するにはもってこいですが、テント張るスペースはありません。

 

 

f:id:aohige0718:20170508233426j:plain

 よ~やく西中バス停付近に下りてきました!

 

 

f:id:aohige0718:20170508234009j:plain

 登山口近くに立派な水場がありました。

熊野古道の小辺路は、水に困りませんね~!!

縦走者にとって、これは有難いですよね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170508235228j:plain

 三浦峠登山口付近に、立派な道標がありました!

しかし、「100m工事中」の方が目立っていて、雰囲気が台無しでした(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170508235241j:plain

 そんな感じで私でございます!

「お遍路さん」と言うよりは「お変態さん」って感じですかね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170508235256j:plain

 分かっていたことですが、ここから昴の郷まで舗装路歩きが8kmほどあります。

この区間、バスが通っているので乗ってしまう方が多いみたいですが、それだと「熊野古道小辺路」を歩いたことにならないと思います。

色々と理由を付けて乗る方が多いみたいですが、私はバスには乗りませんでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170508235427j:plain

 歩いていると綺麗なトイレがありました!

 

 

f:id:aohige0718:20170508235456j:plain

 近くの神社でお祭りがやっておりました!

ノンビリ歩くのも悪いもんじゃございません!!

 

 

f:id:aohige0718:20170508235520j:plain

こんな芝桜を見ることもできました!

急いで歩くだけが登山ではございませぬ。

 

 

f:id:aohige0718:20170508235540j:plain

 水場も有ったりで、「お変態さん」には優しい感じになってました。

このブラシで、体を洗いたいな~っとブツブツ妄想しておりました(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170508235638j:plain

 無の境地で舗装路を歩いていると、よ~やく昴の郷が見えてきました!

果無峠へは、青矢印の方へ進み、写真に写ってないトンネルをくぐります。

この辺、ちょっとルートが分かり難いので注意です!

 

 

f:id:aohige0718:20170508235620j:plain

 ホテルやプールに温泉まであって、泊まるには最高だと思います!

トイレ・自動販売機もあるので、休憩するにも最高だと思います!!

 

 

f:id:aohige0718:20170508235811j:plain

 さ~またまた吊橋歩きでございます!

メタボリックな私でも渡れるか!?

 

 

f:id:aohige0718:20170508235833j:plain

 滅茶苦茶揺れるので、高所恐怖症の方には辛い時間になるかと思われます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170508235859j:plain

 綺麗な川なんですが、ジックリ見る余裕はありません(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170508235918j:plain

 いや~~怖かったです・・・。

尻の奥底に隠れているブラックホールが縮こまってしまいました(>_<)

強烈なビックバーンが必要でございます\(^o^)/(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170508235951j:plain

 なんだか良く分かりませんが、果無峠(はてなしとうげ)登山口にある水場は枯れておりました。

こちらは当てにすると危険ですので、昴の郷でしっかりと給水してください!

 

 

f:id:aohige0718:20170509000155j:plain

 かなりの急登が続きますが、「THE熊野古道」って感じの雰囲気がモリモリ出てきます!

やっぱり、熊野古道には石畳が似合いますよね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170509000205j:plain

 山深く、とても静かで私はこの界隈のお山が大好きです!

またいつか、ここを歩く事もあるでしょう。

 

 

f:id:aohige0718:20170509000216j:plain

 田植えを待つ水面と三浦峠方面の景色でございます!

今回お目当ての景色の1つである、「果無集落」に到着しました!

 

 

f:id:aohige0718:20170509000231j:plain

 果無集落には、水場があります。

ここは当てにできる水場でございます!

 

 

f:id:aohige0718:20170509000246j:plain

 軒先を歩く感じに熊野古道の小辺路は続きます。

水を汲ませてくれる地元の方に感謝ですよね~!!

とても美味しいお水でした♡

 

 

f:id:aohige0718:20170509000259j:plain

 藤の花も見頃でエエ匂いに包まれておりました!

こんな体臭になりたいもんです(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170509000310j:plain

 天空の集落とはまさにこの果無集落の事を言うんでしょうね~!

よくもここに住もうと思いましたよね~

あまりにもアレなんで、年貢が免除されていたそうです。

 

 

f:id:aohige0718:20170509000326j:plain

 シャクナゲもモリモリ咲いておりました!

奥駆道の稜線に鎮座する「玉置山」もシャクナゲが綺麗でしょうね~

 

 

f:id:aohige0718:20170509000338j:plain

 集落を後に進んでいくと、ポカン♬と開けた場所に出ます。

 

 

f:id:aohige0718:20170509000350j:plain

 こちらが「天水田立札」で、昔水田があったそうです!

フラットな平地が広がり、ここもビバーク適地だと思います!

景色も良いですし、静かで寝るにも最高かもしれません(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170509000405j:plain

 よ~やく今日のお宿の「観音堂」に辿り着けました!

テント5張り前後張る事が出来ます!

先客が2名で、後からもう1名来て、トータル4張りでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170509000418j:plain

 そっとと寝床を作り、腹も減ったので・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170509000430j:plain

 今日は、半チャンセットにしてみました!

エッグホルダーが大活躍でございます!!

やっぱり、卵は旨いですよね!!

 

aohige0718.hatenablog.com

 ※良かったらご参考にしてみてください!

 

 

f:id:aohige0718:20170509000443j:plain

 なんか意味深な白い液体が漏れておりますが、そんなことは気にしてはいけません!!

やっぱり、生米から炊いたご飯は最高ですよね!

出来上がりを撮るのを忘れてしまった大バカ野郎な誰かさんではございますが、次回(観音堂~果無山脈~冷水山~熊野本宮大社)へ続きます!

aohige0718.hatenablog.com

 

※写真を押すと1分弱の動画が見られます!