アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

雲上の楽園だった平ヶ岳!長くてキツイ難関ルート。前編(鷹ノ巣登山口~池ノ岳(姫ノ池)~平ヶ岳~玉子石 )

f:id:aohige0718:20170416223114j:plain

 

 

今回は、日本百名山の中では「日帰り難関」と言われるお山の筆頭の「平ヶ岳(ひらがたけ)に1泊2日のテント泊で登った時のことを書きたいと思います!

 

平ヶ岳は、新潟県魚沼市と群馬県みなかみ町の境界にあるお山で、標高は2,141mございます。

 

近くに、尾瀬の名山である「燧ヶ岳」と「至仏山」、「会津駒ケ岳」が有名ですが、何故かこちらの「平ヶ岳」はマイナー感が半端ないですよね~

 

その理由は、冒頭で記載した通り、とにかく山頂までの道のりが長いので、健脚でないと日帰りで往復が難しいからだと思われます。

 

平ヶ岳山頂へのコースは、「中ノ岐林道コース」と、今回我々が歩いた「鷹ノ巣登山口」の2つになります。

 

 中ノ岐林道コースは、近くの山小屋に6人前後泊まらないと利用できないルートで、少し訳ありなコースになります。

 

ただ、 中ノ岐林道コースは、距離・標高差ともに鷹ノ巣登山口よりも楽なんで、日帰りで往復できる感じです。

 

ま~私は、中ノ岐林道コースは意地でも使いませんけどね(笑)

 

そんな感じで、今回も地味に長いので前・後の2部作で行きたいと思います!

 

あと、少し話が変わるんですが、PC・スマホ共に少し設定を変えました。

 

「ブログランキング」なるもに当ブログも参加しているんですが、記事の最後に

 

f:id:aohige0718:20170422220217j:plain

なるものを毎回記載していたんですが、今日から止めることにしました。

毎回お願いするのもなんだか嫌だな~、読者様にも悪いな~っと前から思ってました。

 

ただ、ランキング自体には参加してますので、PC版で観て下さっている場合は「右サイドバーの一番下」、スマホの場合は「フッタ」に投票ボタンがありますので、気が向いた時にお願いしますm(__)m

 

ブログ村様等の経由で遊びに来てくださっている方は、今後ランキングが下がって見つけ難くなるやもしれませんが、ご承知おきください。

 

また、PC版の場合、サイドバーの真ん中に「ブログ内検索」を設けました。

 

記事が多くなってきたもので、自分のブログなのに「過去記事」を探しきれなくなっておりますf^_^;

 

良かったらそちらもご利用ください!

 

「アマゾンクーポン」につきましても、今まで同様にいつでもゲットできるようにPCサイドバー(スマホ版にはありません)に残しておりますので、そちらも値段等の比較にご活用してください!

 

※こちらは、PC・スマホ共に利用できます。

 

前置きが長くなってしまい申し訳ございませんが、こんな一日になりました!

 

登った日:2013年10月13日(日) ~ 2013年10月14日(月)

天    候:10月13日 AM 晴/曇  PM 曇/小雨

メンバー:私含めて2名

交通手段:鷹ノ巣登山口駐車場で幕営。

20台ほど駐車可能で無料です。

駐車場に、綺麗なトイレは有りますが、水場はありません。

 

コースタイム

鷹ノ巣登山口駐車場 7:01 → 8:56 下台倉山 8:5 8→ 9:41 台倉山 9:44 → 10:11 台倉清水 10:16  → 10:55 白沢清水 → 12:16 池ノ岳(姫ノ池) 13:01 → 13:21 平ヶ岳 13:26 → 13:55 玉子石 14:18 → 14:47 池ノ岳(姫ノ池)幕営

 

平ヶ岳の幕営地(テント場)について

 

平岳山頂付近にある水場付近(後編に記載)に「幕営指定地」があります。

人によっては「幕営禁止」と言う方もいるみたいです。

テント張っていた方に聞いたところ、行政に連絡したら「水場付近はOKです。」と回答が有ったみたいです。

水場付近以外にも「幕営指定地」と思われる個所が有ったんですが、OKなのかどうかは分かりませんでした。

山頂にはトイレが有りませんので、最低限「簡易トイレ」は持って行った方が良いかと思います。

(今回、2人分用意しました。)

 

 コース・標高差

f:id:aohige0718:20170417224514j:plain

f:id:aohige0718:20170417224527j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

 

f:id:aohige0718:20170416222610j:plain

 こちらが平ヶ岳登山口の近くにある、駐車場です!

20台前後は、泊めれると思います!

こちらでテント張って前泊ました。

 

 

f:id:aohige0718:20170416222629j:plain

 駐車場のすぐ近くになる、「鷹ノ巣登山口」から今日の目的地である「平ヶ岳」を攻めたいと思います!!

 

 

f:id:aohige0718:20170416222638j:plain

 意外と道が整備されていて驚きました!

も~少し道が荒れているイメージがあったんですけどね。

 

 

f:id:aohige0718:20170416222649j:plain

 アッチが鷹ノ巣山ですかね~~

スカッと晴れて欲しいもんですね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170416222715j:plain

 しばし痩せ尾根の急登が続きます・・・。

何しろ今日は長丁場なんで、ペース配分が大事でございます。

 

 

f:id:aohige0718:20170416222731j:plain

登山道の上に鎮座していた一本松です。

頑張って生きてますね! 

 

 

f:id:aohige0718:20170416222740j:plain

 展望が良い尾根道歩き続き気分は上々♪でした(´∀`*)

それにしても平ヶ岳はどこにあるんでしょうかね!?

勿論、まだまだ遥か先で、全く見えてません( ゚Д゚)

 

 

f:id:aohige0718:20170416222749j:plain

 登っても登っても同じような景色が続き・・・。

「メンタルを蝕む系」の登りが続きますf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170416222810j:plain

 アッチは尾瀬の至仏山山方面ですね~!

なんだか幻想的な空模様でございます!!

 

 

f:id:aohige0718:20170416222820j:plain

 振り返っての景色でございます!

凄く山深く人が全然おりません!!

静かで最高ですね~♡

 

 

f:id:aohige0718:20170416222829j:plain

 こちらが鷹ノ巣尾根の全貌でございます!

長い上に結構急登でございました(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170416222839j:plain

 この時期で紅葉が見頃でした!!(10月13日撮影)

あと少しで短い秋が終わり、長い冬が始まるんでしょうね~

この界隈は日本有数の豪雪地帯ですからね~

凄い事になりそうですよね・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170416222849j:plain

 奥に見えるのが鷹ノ巣山でございます!

Vルート好きの私なもので、アッチの尾根も気になりますね~!

 

 

f:id:aohige0718:20170416222908j:plain

 やっとの事で下台倉山に到着です!

しかし、平ヶ岳山頂までさらに7km以上・・・。

この情報は知りたくなかったですね~(苦笑)

白目の連続の急登なのにKさんは余裕でございます・・・(-.-;) 

 

 

f:id:aohige0718:20170416222919j:plain

私はグッタリ悶絶しておりました・・・(-∧-)

たっ、助けてケロ~~♡

 

 

f:id:aohige0718:20170416222927j:plain

 今までの急登から打って変わり、癒しのフラット縦走路になりました!!

このツンデレな感じがオジサン心を鷲掴みにしますよね~♡

 

 

f:id:aohige0718:20170416222936j:plain

 上の方の紅葉はこれから見頃な感じでした!

最盛期の紅葉は凄い事になるんでしょうね!!

 

 

f:id:aohige0718:20170416222945j:plain

 紅葉にウットリ♡中のKさんです。

前から平ヶ岳に登りたかったそうです。

私は、存在する知らなかったんですけどねf^_^;

 

f:id:aohige0718:20170416222953j:plain

正面のお山は燧ヶ岳ですね~!

尾瀬から意外と近くてビックリでございます。

アッチは観光名所になってしまい凄い人ですが、コッチは嘘のような静けさでございます。

私が来ることを察して、皆さん逃げちゃったんでしょうかね?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170416223009j:plain

 最盛期の紅葉も見てみたいもんです!

この只見湖周辺は、紅葉で有名ですからね~

 

 

f:id:aohige0718:20170416223019j:plain

 紅葉にはやっぱり青空が似合いますよね!!

アオヒゲにはヒゲ剃りが似合うのと一緒ですよね!(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170416223028j:plain

 それにしても雄大な景色に心を奪われてしまいます♡

足腰に大ダメージを注入してくれた鷹ノ巣尾根が見えてますね~

帰りにまたあれを下るのね~っと思うと、この辺で少し萎えていた誰かさんでございますf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170416223037j:plain

 よっ!燧ヶ岳とKさん!!

絵になりますね~(´∀`*)

私が山ガールなら後ろから抱き付いていたことでしょう・・・♡

 

 

f:id:aohige0718:20170416223045j:plain

 紅葉ロードも終わり、嫌な登りが見えてきました・・・。

それにしても平ヶ岳の山頂が全然見えず、終わりが分からない怖さを味わっておりますf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170416223114j:plain

 良い景色ですね~♬

東北のお山は少し地味ですが、私は大好きでございます(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170416223123j:plain

 よっ!燧ヶ岳!

威風堂々していてカッコイイですね~♪

山頂はウッスラ白くなっておりました。

まだ10月なのに雪が降ったみたいですね~! 

 

 

f:id:aohige0718:20170416223242j:plain

 アップダウンが続くものの、景色が素晴らしく苦になりませんでした!

 

 

f:id:aohige0718:20170416223258j:plain

 紅葉の時期も良いですが、新緑や残雪期も綺麗でしょうね~!

平ヶ岳は、アクセスが悪いのがネックですよね・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170416223309j:plain

そんな感じで最初の水場である「台倉清水」です。

ここは「テント指定地」の看板が有りましたので、テン泊してもOKです!

平地なら2張前後、斜地で2張程テントスペースが有ります。

水場には行きませんでしたが、流れの音が聞こえたので、当てにしても大丈夫だと思いまs!

 

 

f:id:aohige0718:20170416223321j:plain

 樹林帯に入ると、紅葉がお出迎えしてくれました!

冷たい麦茶を出してくれると嬉しんですけどね~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170416223342j:plain

 少し進むと2つ目の水場である「白沢清水」がありました。

ってか、水溜りにしか見えませんよねf^_^;

こんな状況ですので、ここは当てにしては駄目ですね。 

水の補給は、「台倉清水」の水場にしてください!

 

 

f:id:aohige0718:20170416223351j:plain

 さらに進むと、今度は滑る笹の急登になってきました。

ここはかなりガッツリな坂ですので、心して白目になってください!!

今までのフラットな道のりが嘘のような登山道でした。

 

 

f:id:aohige0718:20170416223415j:plain

 ひたすら黙々と登るとこちらに飛び出しました。

今までの打ち首獄門な感じが嘘のような極楽地帯でございます\(^o^)/

植生を傷めないように、ウッドデッキの上に幕営することにしました。

 

 

f:id:aohige0718:20170416223402j:plain

 喜びを爆発させているKさんでございます!!

遮る物がないので風が強く、滅茶苦茶寒かったです(>_<)

その胸板で強く抱きしめてくれー!!と、思ったかどうかは内緒でございます♡

 

 

f:id:aohige0718:20170416223442j:plain

 池塘がホント綺麗でウットリでした♪ 

飲めるんじゃないかと思ったんですが、流石にその勇気はありませんでしたf^_^;

煮沸して飲んでる方もいるみたいですけどね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170416223535j:plain

 あの平らなお山が目指す「平ヶ岳」でございます!

明日の散策が楽しみでございます!

強風で凄い荒れた夜でしたが、翌朝、夢のような景色を堪能することができました(´∀`*)

 

忘れられない、思い出深い1日でした。

 

そんな感じで次回後編に続きます!

aohige0718.hatenablog.com