アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

蛭ヶ岳まで辿り着けず。大雪で撤退の丹沢山塊周回!(大倉~塔ノ岳~丹沢山~不動ノ峰~小丸尾根(訓練尾根))

f:id:aohige0718:20170330211800j:plain

 

 

 

昨日のブログで少しふれました通り、急遽、丹沢へ登りに行ってきました!

想像以上の積雪で、非常にきつい一日になりました(>_<)

 

コースの状況を知りたい方も多いかと思いますので、普段よりも写真多めにしております。

※通常、重くなるので40枚前後にしております。

 

重く、観難くなるやも知れませんが、その点ご了承ください。

 

それでは、こんな感じの一日になりました!

 

登った日:2017年03月29日(水) [日帰り]

天    候:晴れのち曇り

メンバー:単独

交通手段:大倉バス停の無料駐車場にバイクを駐輪。

 

装  備

水              2.5L(余り 0.3L。)
お湯             0.5L(余り 0.2L。)


カレーラーメン75g、おにぎり2個、チョコ90g、飴玉15個、ヘッドライト、予備電池、合羽、熊鈴、トイレットペーパー3/5消費、6爪アイゼン、ダブルストック、バラクラバ、手袋(厚手・薄手)その他諸々 

 

コースタイム

大倉バス停(駐車場) 6:02 → 7:50 花立山荘 → 8:20 塔ノ岳 8:25 → 9:30 丹沢山 9:33 → 10:23 不動ノ峰休憩所 10:40  → 10:50 不動ノ峰(撤退) → 12:21 丹沢山 12:23 → 13:06 日高 → 13:32 塔ノ岳 13:42 → 14:37 小丸尾根分岐 → 15:57 二俣 → 16:56 大倉バス停(駐車場)

 

コース・標高差

f:id:aohige0718:20170330205638j:plain

スポンサーリンク
 

 

f:id:aohige0718:20170330211450j:plain

前日(28日)も雪が降ったっぽいですが、いつもの大倉バス停からスタートです!

ここまで道路の凍結はありません。

 

 

f:id:aohige0718:20170330211519j:plain

朝日がアオヒゲに沁み渡りました(´∀`*)

日の出が早くなりましたね~

 

 

f:id:aohige0718:20170330211535j:plain

狼煙がモリモリ上がっておりました。

「援軍」でも要請しているのでしょうか!?

 

 

f:id:aohige0718:20170330211602j:plain

平日なだけあって、とても静かな大倉尾根でした!

しかしながら、それでも10人位と会ったので、大人気のルートですよね~

 

 

f:id:aohige0718:20170330211623j:plain

「カリカリカリ~~♬」と音がするので、「山ガールが梅シバでも食べているのか?」と思いキョロキョロすると・・・♡

 

 

f:id:aohige0718:20170330211719j:plain

リスちゃんでした(´∀`*)

バニーガールも大好きですが、リスのコスプレもアリかも♡と思った瞬間です(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170330211750j:plain

「アオヒゲ野鳥の会」の正会員である私なんですが、小動物も可愛いな~と新たな性癖の扉が開かれようとしております!!!

 

 

f:id:aohige0718:20170330211819j:plain

大倉尾根にもリスが居るんだね~っと新たな発見でした!

私のアレも、カリカリカリ~♬としてもらいたいもんです(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170330211840j:plain

今日はお休みの堀山の家でした。

この周辺でも、何匹かリスを見かけました。

きっと、堀山の家に住んでいるんでしょうね~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170330211848j:plain

段々と積雪が増えてきました・・・。

前日も雪が降ったみたいで、薄く積もっておりました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330211903j:plain

振り返っての景色でございます!

段々と嫌な雲が出てきました・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170330211916j:plain

標高が上がるにつれて積雪が一気に増えてきます。

そんな感じで花立山荘でございます。

登りの場合は、こちらでアイゼンの装備をしてください。

この先、結構圧雪されているのでアイゼンないと登り難いです。

雪道に不慣れな方は、標高1,100mから雪が出るので、その時点でアイゼンの装備をした方が良いと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170330211927j:plain

凄い雲がお出ましになりました!!

多分、全てが嫌になり爆発しちゃったんだと思います(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170330211935j:plain

花立山荘の上はこんな感じです。

トレースはあるものの、表面がパウダースノーで、その下が凍結している感じなので異様に滑りました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330211949j:plain

目指す塔ノ岳が綺麗に見えております!!

それにしても凄い積雪量ですね~~

ここで、今日はかなり苦行になる予感がしたんですが、残念ながら的中してしまいました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330211959j:plain

ミニ四駆を走らせたい!!って感じのコースになっておりました(笑)

ソリで滑ってら面白いでしょうね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170330212013j:plain

三ノ塔が幻想的な感じなってました!

表尾根も最近歩いていないので、何処かで行きたいですね!

 

 

f:id:aohige0718:20170330212021j:plain

よっ!塔ノ岳!!

山頂も凄い雪でした・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212031j:plain

表尾根の様子です!

アッチも雪が凄そうですね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170330212041j:plain

残念ながら日本一のお姿は見れませんでした(>_<)

見渡す限り真っ白ですね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170330212049j:plain

尊仏山荘の周りも凄い雪景色でした・・・。

今日は塔猫君には会わずじまいでした。

折角、とびっきりの「柿の種」を持ってきたのに残念ですね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170330212059j:plain

目指す蛭ヶ岳方面です!

綺麗なんですが、積雪量が凄そうで怖いな~~っと思っておりました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212108j:plain

丹沢山方面も真っ白ですね~(´∀`*)

これくらい真っ白な心を持ちたいな~っと思っている誰かさんでございました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170330212118j:plain

塔ノ岳から先は一気に雪が深くなり、トレースはあるものの半分ツボ足歩きになりました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212132j:plain

脛位の深さのツボ歩きなんで、体力を削り取られてしまいました・・・。

先が思いやられます。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212146j:plain

この時期にこれだけの雪景色が見られて嬉しいんですが、下半身は悲鳴を上げております(苦笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170330212157j:plain

ユーシン渓谷方面は、トレースがないんじゃないでしょうかね~

 

 

f:id:aohige0718:20170330212206j:plain

大山も真っ白な雪景色でした。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212215j:plain

竜ヶ馬場のベンチの様子です!

何処で休憩すれば良いのか分からなくなるくらいの雪の量でしたf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170330212226j:plain

寒々しい景色ですね~~

天気が良いと富士山の絶景スポットなんですけどね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170330212236j:plain

愛用中のテムレスでございます!

今回、これを持ってきて大いに役立ちました!!

近々、レビューを書きたいと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170330212251j:plain

よ~~~やく丹沢山に辿り着けました・・・。

既に体力が底をつきそうな感じです・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212304j:plain

みやま山荘の様子です!

雪が凄くて近づけません(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170330212323j:plain

今日は攻撃力・防御力共にパワーアップしている感じですね(笑)

山頂にベンチがあるんですが、どれも雪に埋まっていて、使え(近寄れ)ませんでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212403j:plain

さ~蛭ヶ岳を目指したい思います!

一気にトレースが薄くなり、スノーシューの方とツボ足歩きの2名分がありました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212419j:plain

この付近で、ツボ足歩きの登山者が引き返してきました。

丹沢山から800m進むのに3時間掛ったそうで、途中で諦めたそうです。

不動ノ峰まで登れなかった訳で、これを聞いて今日は厳しいと悟りました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212449j:plain

見えるピークが不動ノ峰なんですが、確かに3時間掛かった意味が良く分かりました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212505j:plain

全く進みません\(^o^)/

駄目だこりゃ~~~(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170330212619j:plain

振り返っての一枚です。

真ん中に映る人影がスノーシューの方です。

このお方のお陰で薄いトレースがついて良いんですが、踝くらいまでしか踏み抜かれてないんで、結局ツボ足歩きと変わりませんでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212636j:plain

丹沢とは思えない雪景色でございます。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212658j:plain

不動ノ峰が見えているの、全然進みません・・・。

出るのは飴色に炒めた玉ねぎ色のため息だけでございます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212716j:plain

多分、この辺で先ほどお会いしたツボ足歩きの登山者が引き返したんだと思います。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212727j:plain

ま~この深さのツボ足ですからね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212739j:plain

何度も振り返っては、全然進んでいない現実に打ちのめされました(*ノωノ)

 

 

f:id:aohige0718:20170330212751j:plain

こんなにキツイ丹沢は久しぶりでございます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212802j:plain

やっとのことで不動ノ峰休憩所に辿り着けました。

休憩場の周りも凄い雪の量で、入るのにえらく苦労しました。

体力の消耗が激しく、腹が減って死にそうでした。

も~少しカロリーのあるものを持って来ればよかったと後悔したかどうかはお察しの通りです(笑)

でも、カレー味も旨いですよね~♡

 

 

f:id:aohige0718:20170330212815j:plain

前日に降った量かは分かりませんが、モリモリですよね~

 

 

f:id:aohige0718:20170330212827j:plain

絶えずこんな感じの膝上のツボ足歩きで、酷いと腰まで落ちます。

準備が足らず、スパッツを忘れてしまい、しかも軽登山靴で来てしまったので靴の中までビッショリになってしまいました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212846j:plain

なんとか不動ノ峰に辿り着けました・・・。

この辺で蛭ヶ岳は諦めてました。

あとはどこまで進んで引き返すか、って感じでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212855j:plain

鬼ヶ岩まで行って考えようと進んでみました。

丹沢らしからぬ雪庇まであって中々の凶悪ぶりでした。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212910j:plain

天気が悪くなる一方で、風も強く寒くなってきました。

足が冷たくて臭いです(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170330212926j:plain

よ~やく蛭ヶ岳が見えてきました!

それにしても雪が多くて進みません(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170330212936j:plain

ここで進むのを諦め引き返すことにしました。

無念ではございますが、体力・時間的にもそろそろリミットでございます。

 

 

f:id:aohige0718:20170330212950j:plain

途中まで下りたんですが、ここを登るのにえらく苦労しました。

胸ラッセルになってしまい、鬼ヶ岩まで行くと、ここの登りで時間をモリモリ吸い取られると判断したのが撤退の決め手になりました。

※無雪期には、トラバース気味に道がついている箇所です。

 

 

f:id:aohige0718:20170330213003j:plain

急速に天候も悪くなってきたので、正解ですかね。

「無理はしない!」が私のモットーです(^^)/

 

 

f:id:aohige0718:20170330213022j:plain

そしてホワイトアウトになったとさ・・・。

知っている山だからこそ怖くはないですが、知らないお山だと・・・ですよねf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170330213031j:plain

スノーバスケットを着けてきて本当に良かったと思いました。

ま~あんまり効果は・・・なんですけどねf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20170330213104j:plain

さらに天候が悪化して本格的なホワイトアウトになりました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330213118j:plain

丹沢山への登り返しです。

この手前でワカンを装備した登山者とすれ違いました。

多分、今日で4人分のトレースが付いたことになるかと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170330213135j:plain

「美しいものには棘と雪がある」

名言が生まれた瞬間です(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170330213205j:plain

よ~やく塔ノ岳に戻ってきました。

朝、歩いた時よりも、かなり歩きやすくなってました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330213230j:plain

今日は小丸尾根(訓練尾根)で下山したいと思います!

小丸の途中で、間違ったトレースに導かれてしまい・・・。

トレースを丸々信じていはイカンな~っと反省してしまいました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330213242j:plain

小丸尾根も雪がモッコリで・・・。

1,2名のトレースがありました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330213253j:plain

この看板が目印です!

ここまで下りると雪はありません。

 

 

f:id:aohige0718:20170330213304j:plain

何かのプレゼントなんでしょうかね?

山ガールに首にリボンをつけて、私に贈ってくれる方はいませんかね?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170330213323j:plain

昔に比べ、ルートが結構変わっておりました。

かなり薄い踏み跡をたどるとこちらに出ます。

林道に着地したら赤矢印の方に進みます!

 

 

f:id:aohige0718:20170330213338j:plain

林道の所にある看板です!

 

 

f:id:aohige0718:20170330213350j:plain

だいぶ様変わりしていてビックリしました。

暫く林道を歩くと・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170330213402j:plain

これがありますので、矢印の通りまっすぐに進みます。

林道が交錯していて非常に分かり難いです。

この小丸尾根(訓練尾根)コースは、下りで使わない方が良いかも知れません。

 

 

f:id:aohige0718:20170330213428j:plain

よ~やく二俣に辿り着けました。

 

 

f:id:aohige0718:20170330213441j:plain

アイゼンとストックバシャバシャと洗いました。

テムレスしていると、洗うのも便利なんですが、完璧に「洗い場のおじさん」になってしまいますよね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170330213451j:plain

そんな感じで本日もお疲れさまでした!

 

残念ながら、蛭ヶ岳まで登れませんでした。

明日(3月31)から天気が下り坂で、積雪が増えると思います。

蛭ヶ岳を目指すなら、スノーシューかワカンがないとかなり厳しいと思われます。

土曜は雨みたいなんで、日曜の朝早く登る予定の方は、十分注意して臨んでください!

 

私も、リベンジとして「もう一度登ろうかしら!?と考えておりますので(まだ未定)、どっかで見かけたら雪でも投げて楽しんでいってください(笑)

 

きつい一日でしたが、見事な返り討ちで、何故か清々しささえ感じております。

 

山を舐めてはいかんと、改めて思った一日日でした。