読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

雪積もる大菩薩は遠かった・・・前編 (甲州高尾山~棚横手山~源次郎岳~中日川峠~砥山~大菩薩峠~裂石)

登山のすゝめ 奥秩父

f:id:aohige0718:20170220223139j:plain

 

 

 

よ~やく昨日で仕事の峠を越しました(´∀`*)

 いや~今年もえらい目に遭いました・・・。

も~生まれながらの「M体質」でなければ乗り切れませんね~~・・・

 

そんな日々だったもので、2月は前々から書き溜めていた「貯金記事」を取り崩してブログの更新をしていたんですが、昨日で貯金が無くなりました(笑)

 

はてなブログ様の「未来投稿機能(未来の日付で記事の更新ができる)」は中々使えるな~と思いました!

 

こちらの「アオヒゲ危機一髪」を立ち上げる前に日記を書いていた「某山のサイト」には無い機能です。

 

ま~日記の「一時保存」すらなかったので、日記を書ける感じにはなってましたが、管理人さんは力を入れてなかったんでしょうね。

サーバーの負担が増して、経費も掛かりますしね。

 

ま~過去の事はどうでも良いのでこの辺にし、今日はここ数年でかなり厳しい縦走になった記録を書きたいと思います。

 

大菩薩界隈のお山が好きで良く登っているんですが、結構お気軽に登れるイメージがありますが、積雪期はかなり邪悪な縦走路に変身しておりました・・・。

 

冒頭に記載しました通り、準備不足のため、今回は前・後編の2部作で逃げさせていただきますm(__)m

 

読み難くなってしまって申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願い致します。

  

登った日:2015年01月17日(土) [日帰り]

天    候:濃霧、曇時々晴れたものの暴風で目も開けられず・・・

メンバー:単独

交通手段:

<行き>
JR相模湖駅までバイク。
5:23 JR相模湖駅発 6:16 勝沼ぶどう郷駅着 842円(IC)

<帰り>
16:43 大菩薩峠登山口バス停発 17:07 JR塩山駅着 300円(現金のみ)
17:20 JR塩山駅発 18:29 JR相模湖駅着 972円(IC)

 

装  備:後編で記載。

 

コースタイム

勝沼ぶどう郷駅 6:25 → 6:53 大善寺 → 6:52 柏尾山 6:56 → 8:00 甲州高尾山 8:03 → 8:50 棚横手山 8:53  → 9:06 大滝山

  

コース・標高差

f:id:aohige0718:20170220222832j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

 

f:id:aohige0718:20170220222544j:plain

 今日は、歩いた事のないコースで大菩薩嶺を目指したいと思います!

そんな感じで、初めて降りたった「勝沼ぶどう郷駅」から出発です!

何故、「桃」にせず「ぶどう」にしたんでしょうかね!?

ラムレーズン好きなオジサンが命名したんでしょうね(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170220222900j:plain

 大善寺を目指して歩いていると、ガスガスの桃源郷が見えてきました!

今日は、晴れるって予報だったんですが・・・。

大善寺への案内が豊富なんで助かりますね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170220222920j:plain

 そんな感じでこちらが大善寺でございます!

凄く立派で驚いちゃいました!!

 

 

f:id:aohige0718:20170220222933j:plain

 お寺の中に登山道があると思ってウロウロしたんですが見つからず・・・

地図を広げてよく見たら直ぐに分かりました。

なんだか先が思いやられます・・・ 

 

 

f:id:aohige0718:20170220222944j:plain

 かなりの急登をこなすと柵が出てきます。

柵の上に電流が流れていて大仁田さんと「電流爆破デスマッチ」で勝負したくなりました!

最近、肩凝り腰痛が酷いので電流を流して治療したい今日この頃です・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170220222958j:plain

 天気が微妙ですが、甲府盆地は白銀の世界で美しいですね~♪

かなりの急登が続き、私の視界も白銀の世界になってきました(>_<)

座布団は要らないので、「山田君の愛情」だけ欲しいですね~(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223009j:plain

 傾斜が緩やかになると、こちらの鉄塔があります。

山名プレートが無いんですが、多分、この付近が柏尾山だと思われます。

 

 

f:id:aohige0718:20170220223021j:plain

 さらに進んで行くと、甲州高尾山が見えてきました!

なかなか清々しく気持ちの良い尾根歩きです! 

 

 

f:id:aohige0718:20170220223125j:plain

 下界を見下ろすと、一面雲海が広がっておりました♪ 

凄い景色ですよね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223139j:plain

正に「来た甲斐」が有りますね~って、洒落じゃないですよ(笑) 

正面に見えるお山が南アルプスです!

こ~見ると、山梨は盆地なんだね~って分かりますよね。

 

 

f:id:aohige0718:20170220223203j:plain

 さらに進んで行くと、こちらの林道と合流します。

林道を歩いても行けそうですが、矢印の通り階段を登って行きます。

なんだか意味深なゴムをかぶった木々が印象的ですね~♡

アレなら漏れる事は無さそうですね(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223214j:plain

 何が漏れるか分からぬまま、無の境地で勤め上げると「甲州高尾山剣ヶ峰」に到着出来ました!!

アッチの高尾山は凄く有名で人ばかりですが、こっちは人が少なくとても静かな山頂なんで私の好みですね~♡

 
 

f:id:aohige0718:20170220223227j:plain

 さらに少し進むと、本物の(?)甲州高尾山になりました。

高尾山の影武者を用意している辺りが流石でございます・・・。

流石、信玄公が治めた地ですよね~(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223253j:plain

いや~~本当に 来た甲斐が広がっております!

 

雲が多めですが、とても幻想的な世界ですよね~!!

ミステリアスな感じが私と瓜二つでございます(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223302j:plain

 雲に隠れているのは日本一ですか!?って感じの山頂からの展望でした。

天気が良い日にまた来たいですね~

 

 

f:id:aohige0718:20170220223313j:plain

 ズ~~っ見ていられる景色でございます。

すみません、嘘つきました。

も~寒くて立っているのが辛いです(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223324j:plain

 景色を満喫したんで、次は棚横手山へ進みたいと思います!

木々がなく、展望抜群の縦走路歩きになります!

 

 

f:id:aohige0718:20170220223336j:plain

 風が強く、南アルプスが見えてきました!

ここから見る甲府の夜景が綺麗でしょうね~♪

キット、恋が生まれるんでしょうね~♡

それにしても、手前のモッコリした「塩ノ山」が妙に気になりますね~ 

何かの機会に登ってみたいです!

 

 

f:id:aohige0718:20170220223351j:plain

 振り返っての1枚です!!

寒々しい感じですが、展望もよくて開放感抜群です! 

 

 

f:id:aohige0718:20170220223409j:plain

 目指す棚横手山が見えてきました!

この界隈は、山火事が頻発し木々が燃えてしまった影響で展望が開けたそうです。

なんだか複雑な景色ですよね~~

 

 

f:id:aohige0718:20170220223421j:plain

 三ツ峠方面も真っ白な世界になっておりました!

天気が良いと絵になるんでしょうけどね~

残念です(>_<)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223450j:plain

 少し登ると再度林道と合流します。

壁に赤矢印が描かれておりますので、その通りに階段を上がっていきます。 

 

 

f:id:aohige0718:20170220223506j:plain

左側に見えているピークが、先ほど居た「甲州高尾山」方面になります! 

甲府盆地の大展望台」と言っても過言じゃないですよね!

 

 

f:id:aohige0718:20170220223533j:plain

いや~考えていた以上の絶景でございます!

標高低いのに侮れませんね~(´∀`*)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223546j:plain

 よっ!棚横手山!!山梨百名山、1つゲットでございます♪ 

百名山に選ばれる理由が分かった気が致します。

想像以上に良いお山でした!

 

 

f:id:aohige0718:20170220223618j:plain

 狭い山頂ですが展望抜群です!

小金沢連嶺の稜線も綺麗に見えました!!

水墨画みたいな景色が広がり、一句詠みたくなってきます。

詠みたくなるだけで、気の利いた言葉は全然出てこないんですけどね(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223636j:plain

ノートレースのフカフカでした♡

やっぱりファーストは最高ですよね(´∀`*)

最初の10分位はそんな感じに思うものの、歩くにつれてツボ足がシンドクなり「2位じゃダメなんですか?」と言ってみたくなります(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223649j:plain

結構雪が降ったみたいで、枝に触れるとモリモリ上から首筋に落ちてきて快楽を注入してくれます♪ 

首筋弱いの何で知っているんだ!?(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170220223704j:plain

 快楽に酔いしれいていると、大滝山に着きました!

山名プレートも無く静かな山頂でした

ここから赤矢印の通り右(東)へ下りて行きます。

左の方が踏み跡が明瞭ですので間違わないようにして下さい。

藪が少しあるものの、マーキングもありましたので問題ないかと思います。

 

そんな感じで、次回後編に続きます!!

aohige0718.hatenablog.com

 

本当の試練はここからでした・・・

 

※上記2つのランキングに参加しております!清き1票をお願い致します!