アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

北アルプス 2泊3日テント泊縦走記 後編!(双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳・赤牛岳!)

f:id:aohige0718:20161119172903j:plain

 

 

 

明日は、なにやら雪の予報で驚いております!!

 

通勤時間帯に積もらなければエエですが、怪しそうですよね~~

 

念の為、「雪山装備」で出社する準備を整えているところです!!

 

12爪やピッケルは要らないと思いますが、6爪位のアイゼンはあっても良いよな~・・・、あとスパッツも必要だよな~・・・皮のカバンだとあれだし、42Lのザックで行くか!とか、色々と準備で大忙しです(笑)

 

私の地元の丹沢山塊も雪が積もるでしょうから、週末が楽しみですよね~!

 

紅葉と雪のコラボレーションは見た事がないんで、興味津々でございます(´∀`*)

 

そんな感じで、前回の続きに移らせていただきます! 

 

 

◎前回までの記録です。

aohige0718.hatenablog.com

 

aohige0718.hatenablog.com

 

 

登った日:2015年07月25日(土) ~ 2015年07月27日(月)

天  候:7月26日 快晴 7月27日 曇りのち晴れ 

メンバー:私と登山仲間のSさん。

交通手段:前編に記載。

 

コースタイム

水晶岳 8:55 → 11:09 赤牛岳 11:23 → 13:54 水晶岳 13:57 →14:26 水晶小屋 14:38 → 15:54 黒部源流標 15:56 → 16:11 三俣山荘 16:31 → 18:16双六山荘(泊)

7月27日 双六山荘 7:52 → 9:21 鏡平山荘 9:39 → 11:57 わさび平小屋 12:36 → 13:25 新穂高温泉無料駐車場

 

 コース・標高差 

f:id:aohige0718:20170223103210j:plain

 

 

f:id:aohige0718:20161119172918j:plain

 さ~メインディッシュの赤牛岳を目指したいと思います!!

どんな「レッド・ブル」が住んでいるのか楽しみですね~♬

水晶岳直下からガラガラゴーロ地帯になり、ルートも少し分かりに難いです。

 

 

f:id:aohige0718:20161119172927j:plain

 赤牛へ続く稜線です!

ここを前から歩いてみたかったんです!!

 

 

f:id:aohige0718:20161119172939j:plain

 裏銀座でございます!

真ん中辺りで野口が微笑んでおります!

今度、野口さん宅でシースとルービーで乾杯したいもんです!(?)

なんか唄ってくれることでしょう・・・♡

 

 

f:id:aohige0718:20161119173002j:plain

 さっきまでお邪魔していた水晶岳です!

中々やんちゃな裾野でございます・・・

またアレを登るのか~っ思うと萎えてきます・・・

でも、コッチから見るお姿は新鮮ですね。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173013j:plain

 さ~レッド・ブルが近づいてきました!!

開放感抜群の稜線で、日射病になっちゃいそうでしたf^_^;

日影がなく、結構暑いので注意して下さい。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173024j:plain

 情報が多すぎて、どっちへ行けばよいのか迷ってしまう分岐です(笑)

高天原の温泉でマッタリしたいもんですよね~~

ただ、テント張れないのが貧乏ハイカーにとっては「痛恨の一撃」です・・・

背中を流してくれる山ガールが居るなら奮発して・・・

いるのか?いないのか?それだけが知りたいです(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161119173036j:plain

 いや~~エエ稜線じゃないですか!!

ただ、地味にアップダウンが多く、思った以上に時間が掛かります。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173058j:plain

 堂々とチン座している薬師岳です!!

「デカい!ナイスバルク!」と叫んでしまいそうなほどの山容でした!

 

 

f:id:aohige0718:20161119173106j:plain

 「山頂が見えてからが遠い」

多分、山の格言に追加できるんじゃないかと私は思ってます(笑)

あんまり大きな声では言えませんが、「ビバーク適地」が何ヵ所かあります。

エスケープも乏しいので、急な天候悪化の時には、遠慮なく使うべきだと思います。

以上、独り言でした!

 

 

f:id:aohige0718:20161119173118j:plain

 さ~山頂まであと少し!!

雄大な景色が広がっております(´∀`*)

投げキッス♡したくなりますね~!!

 

 

f:id:aohige0718:20161119173130j:plain

 よっ!赤牛岳!!

今回の目的地でございます!!

いや~ここまで遠かった・・・

でも、最高の天気で迎えてくれて嬉しいです♡

 

 

f:id:aohige0718:20161119173140j:plain

 歩いてきた稜線が丸見えでした!

だいぶ歩いて来ましたね~・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161119173151j:plain

 奥に鎮座する不気味なお山は劔岳ですね!

手前が立山かな!?

薬師岳経由でアッチまで歩きたいもんですね!

 

 

f:id:aohige0718:20161119173201j:plain

赤ベコ岳の山頂は大展望でした!!

黒部湖周辺のお山が一望できます!

アチコチの山頂から、私のアオヒゲを皆さん眺めていることでしょうね~(´∀`*)

 期待を一身に受けるのは辛いもんですな~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161119173217j:plain

 今年の秋に歩く予定だった山々です。

全て雨予報と言う「サプライズ」な歓迎を受けました。

バスの予約を何度もキャンセルしたんで、「ブラックリスト」に載せてもらえたと思います。

 期待を一身に受けるのは辛いもんですな~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161119173232j:plain

 それにしても、薬師岳の迫力が凄く、一目惚れしてしまいました♡

もっと地味なお山かな~って思っていたんですが、とんでもない!!

ありゃ~登らんとイカンですね!!

ただ、アクセスがね~・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161119173244j:plain

 さ~名残惜しいですが、戻るとしますか。

次回来る時は、「読売新道」を歩いてみたいです。

ま~「朝日新道」と言う名前なら興味もなく歩かないだろうな~(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161119173303j:plain

 「レッド・ブル」をイメージした「ブルー・ブル」です!

青いのはヒゲだけで十分ですね(笑)

「モ~モ~言わされちゃったぞ♡」ってな感じの疲労感でした。

 

 

 

f:id:aohige0718:20161119173313j:plain

 「なんだか分かんないけど頑張って♡」と言っているようでした。

勘違いでなければエエんですが・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161119173327j:plain

 雲の平も良く見えました!

最後の秘境」ですし、どんな妖精が住んでいるんでしょうかね!?

私、仲良くなれそうな予感が致します(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20161119173521j:plain

 さ~~問題の水晶岳へ戻ってきました・・・

アレを登らないと帰れません・・・

ここが、今回最大の核心部でした。

心臓の毛が数本抜け落ち、アオヒゲの濃度も少し薄くなったことをご報告したいと思います(涙)

 

 

f:id:aohige0718:20161119173532j:plain

 さ~このレッド・ブルの雄姿を目に焼き付け、戻りたいと思います。

エエ景色を有難う!!

 

 

f:id:aohige0718:20161119173642j:plain

 今度お邪魔致しますので、エエ天気で迎えて下さい!!

 

 

f:id:aohige0718:20161119173654j:plain

 達筆な水晶岳でございます。

そんなお姿が大好きです♡

でも、ここまで本当にキツかった・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161119173705j:plain

 そんな感じで水晶小屋です。

あまり大きな小屋ではないので、宿泊は縦走者優先にしたいもんですよね。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173714j:plain

 五郎さんへ続く縦走路です!

結構な人数が歩いてました。

私も歩きたい!!

 

 

f:id:aohige0718:20161119173726j:plain

 結構エエ時間なんで、登山者が居なくなりました。

貸し切りってやっぱり最高です♡

 

 

f:id:aohige0718:20161119173737j:plain

 ワリモの分岐の近くにある水場です!

冷たくて美味しいです!!

北アルプスの天然水も販売すればボロ儲けできそうですよね~!

お金の匂いがしてきましたね~(・´з`・)

 

 

f:id:aohige0718:20161119173748j:plain

 黒部の源流を目指します!

正面が三俣蓮華岳なんですが、アレも山頂直下まで登らないとイカンので、帰りはかなりシンドイです。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173800j:plain

 川のせせらぎが気持ちよく、マイナスイオンがモッコリでした♡

これ以上、エエ男になったら困るな~ってブツブツ忙しかったです。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173811j:plain

 途中で雪渓もアリ、中々やんちゃな感じでした。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173828j:plain

 こちらが源流です!

なんだかんだで、だいぶ源流巡りが出来ております!

特に意識はしてないですけどね~

 

 

f:id:aohige0718:20161119173840j:plain

 ここから三俣山荘までが地味に遠かった・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161119173849j:plain

 でも、癒しのお花ロードで飽きませんでした!

短い春を一生懸命生きてますね!

 

 

f:id:aohige0718:20161119173859j:plain

 足腰弱ったおじさんには、雪渓歩きが辛かったです・・・。

雪歩きも、最初の10分は楽しいですが、それ以降は罰ゲームみたいなもんですよねf^_^;

 

 

f:id:aohige0718:20161119173908j:plain

 よ~やく三俣山荘です。

テン場もそこそこ広く、静かで良さそうでした。

水が豊富なのも有難いですよね~~

買うと高いですからね。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173919j:plain

 よ~~やく戻ってきましたよ!!と、一応ご報告しておきました。

 

 

f:id:aohige0718:20161119173940j:plain

 ヘロヘロになりながら、双六山荘へ戻ってきました。

いや~チョットハードな一日でした・・・

レッド・ブル、恐るべしです・・・

 

 

f:id:aohige0718:20161119173950j:plain

 天気も良くて大当たりでした!

贅沢な時間でございます。

 

 

f:id:aohige0718:20161119174001j:plain

 そんな感じで翌朝です。

笠ヶ岳が綺麗に見えました!

 

 

f:id:aohige0718:20161119174011j:plain

 モルゲン笠ヶ岳でございます!!

この時期、午後は必ず曇るので、登るなら早朝が良さそうです。

この後、曇ってしまい全く見えなくなりました。

 

 

f:id:aohige0718:20161119174022j:plain

 2泊した双六山荘のテント場です。

雰囲気も良く、平らで砂地なんでテント泊には最高な場所です!

お勧めですよ!

 

 

f:id:aohige0718:20161119174032j:plain

 さ~下界へ戻りましょう!!

 

 

f:id:aohige0718:20161119174043j:plain

 鏡平山荘でマッタリしてみました。

一杯600円で販売しちゃってもエエですかね?(笑)

+100円で、私の「爽やかな笑顔」を追加注文可能です♡

 

 

f:id:aohige0718:20161119174056j:plain

 この景色とも見納めです。

3日間、私だけを見つめてくれて本当に有難う!(?)

 

 

f:id:aohige0718:20161119174108j:plain

 私はツイツイ素麺を見つめてしまいました・・・♡

美味しそうですね~♬

 

 

f:id:aohige0718:20161119174122j:plain

 さ~って西穂高へ行こうかしら!?と少しだけ思ったかどうかはご想像の通りですが、充実した3日間でした!

登山仲間のSさん、大変お世話になりました!

また一緒に何処かへ行きましょう!!

 

登山者が多くて、毛嫌いしていた北アルプスですが、少し惚れ直してしまった感じです。

一年に1回くらいは、今後足を運びたいな~って思っております!

 

山の中で過ごす時間って、やっぱりエエもんですよね!