アオヒゲ危機一髪♪ 樽の中身は何だろう!?

登山と写真撮影が大好きな「自称爽やかなオジサン」の日記です。

紅葉染まる南アルプス鳳凰三山日帰り周回!(青木鉱泉~ドンドコ沢~南精進ヶ滝~五色滝~鳳凰小屋)前半

 f:id:aohige0718:20170921223331j:plain

 

 

 

ぼちぼちと「紅葉の便り」が聞こえて来そうな時期になってきましたが、今年の紅葉はどうなんでしょうかね!?

 

北アルプスの涸沢の上部は、紅葉がぼちぼちと始まっているみたいですが、寒暖差がある程度ないと綺麗に木々が紅葉しませんしね~

 

「自分色に染める」のは結構得意な方なんですが、あちこち紅葉させるのは中々難しいものですよね!!(?)

 

なんだか分からなくなってきましたが、今日は、紅葉に染まる南アルプスの鳳凰三山を青木鉱泉から日帰り周回した記事を書きたいと思います!

 

南アルプスの鳳凰三山は、標高が2,800m前後の稜線歩きになりますので、下界よりもかなり早い時期に紅葉が美しくなります!

 

 そして何より都合が良いのが、今回の起点になっている青木鉱泉までバスが出ていることと、駐車場も広いので停められないことが基本無い事です!

 

南アルプスは、アクセスが悪い登山口が多いですが、そんな中にあって比較的行きやすいコースかな~と思っております!

 

そんな感じで今回も地味に長いので、前・後編の2部作で行きたいと思います!

 

前編は、青木鉱泉から出発し、南アルプスドンドコ沢コースで南精進ヶ滝~白糸滝~鳳凰滝~五色滝~鳳凰小屋になります!

 

美しい滝や、紅葉がとても綺麗で癒された1日になりました!!

 

登った日:2014年10月04日(土) [日帰り]
天  候:晴れのち曇り
メンバー:私含めて2人
交通手段:青木鉱泉に駐車 750円/日


 コースタイム

青木鉱泉 6:15 → 7:37 南精進ヶ滝 7:40 → 8:08 鳳凰滝 8:12 → 8:56 白糸ノ滝 9:00 → 9:21 五色滝 9:39 → 10:16 鳳凰小屋

 

コース・標高差

f:id:aohige0718:20170922123529j:plain

 f:id:aohige0718:20170922124120j:plain

 ※前編で歩いた区間になります!

 

< 駐車場がある青木鉱泉付近の地図 > 

スポンサーリンク
 

 

 

 

f:id:aohige0718:20170921222337j:plain

 今日は、青木鉱泉からドンドコ沢コースでスタートしたいと思います!

ドンドコ沢コースは、名前の通りの沢沿いを歩くコースで、大小様々な滝を登山道から見る事が出来、紅葉も綺麗で大好きなルートの1つです!

今回車を駐車した青木鉱泉は、トイレと水場、自動販売機があり、お風呂にも入れます(1,000円)

2017年は、青木鉱泉は11月上旬まで営業しているみたいです。

※2016年は、一年間休業していた記憶が・・・

 

 

f:id:aohige0718:20170921222725j:plain

ドンドコ沢ルートは、沢が多く雰囲気の良い道が続きます。

 マイナスイオンがモリモリで、歩くほど良い男に変身してしまうかもしれません!!

 

 

f:id:aohige0718:20170921222821j:plain

 こちらがドンドコ沢ルートの目玉の1つである「南精進ヶ岳」になります!

 マイナスイオンがモリモリで、どんどんイケメンに変身中です!!

しかしながら、そんなイケメンな姿を見てくれる山ガールが皆無で・・・。

私が来ることを察して逃げちゃったみたいですf^_^; 

 

 

f:id:aohige0718:20170921222900j:plain

南精進ヶ滝は、とても綺麗な滝でございます!

南精進ヶ滝があると言うことは、「北もあるのか?」って感じですが、実は「北」の方がこちら以上に迫力がありまして、お勧めの滝の1つでございます!

 

aohige0718.hatenablog.com

 

こちらの記事に「日本名瀑百選」に選ばれている「北精進ヶ滝」の記事を書いてますので、良かったらご参考にしてみてください!

 

 

f:id:aohige0718:20170921222919j:plain

 標高が上がるにつれて紅葉が綺麗になってきました!!

鳳凰三山の山頂付近の紅葉が楽しみですね!

 

 

f:id:aohige0718:20170921222959j:plain

こちらが鳳凰ノ滝になります!

少し遠望になってしまうんですが、それでも迫力が伝わってきます!!

紅葉と滝は、絵になりますよね~♡

 

 

f:id:aohige0718:20170921223038j:plain

 更に登っていくと、最盛期の紅葉地帯に突入しました!!

今年の紅葉は、天候不順が続きましたが、どんな美しさになるんでしょうかね~~

なんとなく、綺麗にならない予感がするのは気のせいでしょうかね!?

 

 

f:id:aohige0718:20170921223104j:plain
f:id:aohige0718:20170921223154j:plain

 さらに登っていくと、強烈な急登が始まってきます・・・。

何が辛いって、自分の吐き出す吐息が臭い事です(笑)

癖になるような、ならないような臭いの連続で、意識が遠のいていきます・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170921223247j:plain

なだらかな道のりが 所々あります!

紅葉をジックリ眺めながら歩ける時間帯がとても幸せでした!

このまま山頂まで続けば良いんですが、世の中そんなに甘くないですよね~・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170921223305j:plain

 10月上旬なのに、紅葉が見事でした!

 その年によって紅葉の時期がまちまちですが、10月上旬が鳳凰三山の紅葉の1つの目安かもしれません。

 

 

f:id:aohige0718:20170921223331j:plain

そして鳳凰三山ドンドコ沢コースのメインディッシュである五色滝になります! 

五色滝は、本当に優美な滝でございます(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170921223428j:plain

 五色滝周辺は、紅葉が最盛期を迎えておりました!

滝と紅葉って、なんでこんなに相性が良いんでしょうかね~!!

 

 

f:id:aohige0718:20170921223456j:plain
f:id:aohige0718:20170921223538j:plain

 滝壺も極上な感じでした!!

人間と比べると、五色滝の大きさがより際立ちますかね!?

私も五色滝のようにビックな人間になりたいものです・・・。

アオヒゲだけはビックというかジョリジョリなんですけどね・・・。

 

 

f:id:aohige0718:20170921223602j:plain

 流し素麺をやったらこれ以上の舞台はない!!と、この時思っておりました(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170921223625j:plain

 現実に戻るために、顔を洗っておりました!

ドンドコ沢上流は、顔を洗いたくなるような清流でございます!

ただ、滝の上流に「鳳凰小屋」がありますので、この辺で沢の水を飲むのは危険だと思います。

 なので、流し素麺もNGですよ!(笑)

 

 

f:id:aohige0718:20170921223641j:plain
f:id:aohige0718:20170921223732j:plain

 秋を感じられる紅葉の景色と滝の姿でした。

南アルプスの中でも、ドンドコ沢コースがお気に入りなのは、この景色が見れるからでございます!

 

 

f:id:aohige0718:20170921223842j:plain

 ガスと紅葉に浮かび上がる地蔵岳のオリベスクです。

なんだか幻想的ですよね~

ミステリアスな男性がモテるのが、なんだか分かった瞬間でした(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170921223940j:plain

 鳳凰小屋に近づいてくると、今まで以上に色鮮やかな紅葉が出迎えてくれました。

いや~この時期にきて大正解でしたね!

 

 

f:id:aohige0718:20170921223953j:plain

 青空が欲しい感じですが、それでも素晴らしい鳳凰三山地蔵岳のオベリスクのお姿でございます♡

この景色を見たかったんです!!

 

 

f:id:aohige0718:20170921224040j:plain

 青空が欲しいよ~~!と、願っていると、祈祷が通じたみたいに晴れてきました!!

「アオヒゲ真理教」の教祖の意地を見せれて良かったです!!(?)

 

 

f:id:aohige0718:20170921224156j:plain

 鳳凰小屋周辺の紅葉も極上でした!!

何時までも見ていられるグラデーションですよね~~

癒されますな~(´∀`*) 

 

 

f:id:aohige0718:20170921224229j:plain

 そんな感じで鳳凰小屋でございます!

今日は日帰りなんで泊まりませんが、テント泊料金は800円/人で、1泊2食で8,000円、素泊まり4,000円になります!

小屋の前に水場があるので、水汲みが非常に楽です。

残雪期などで水を鳳凰小屋へ引けない時期は、観音岳方面へ3分ほど進むと右手に水場があります。

多分、その辺がドンドコ沢の源頭近くなのかも知れません。

ま~小屋が営業中ならそこから水を汲むことはないと思います!

 

 

f:id:aohige0718:20170921224247j:plain

 美味しい南アルプスの天然水で極上珈琲を淹れてみました♡

 

aohige0718.hatenablog.com

※天然水で淹れる珈琲は最高ですよ♡山道具でもお勧めの1品になります! 

 

それ以外は、いつもの「貧乏セット」にしてみました♡

「10%割引シール」が輝いております☆彡

 

 そんな感じで腹も膨れ、目指す鳳凰三山の頂を目指し・・・ってところで、後編に続きます!

 

紅葉もさることながら、雲海が広がる幻想的な鳳凰三山の稜線歩きになりました!